記事リスト

フィルム

学校の特色を調べましょう

映像という言葉が指し示す内容は現代ではひじょうに多岐に渡っているので、専門学校で学ぼうとするときはその学校にどのような特色があるのか調べるのが大事です。また無理のない通学ができるようにして、負担を少なく楽しく学べるような学校を探すのが重要になってきます。

詳しく見る

絵コンテ

通信制で専門的に学ぼう

アニメは日本における文化の代表であり、海外でも評価が高くされています。日本人の間でも人気があるためアニメ業界に就職したい人がいて、それに対応して専門に学べる高校ができています。そこに通うと、プロの講師から技術を学べ、同じ志を持った仲間と知り合えたり、就職を手伝ってもらえたりします。

詳しく見る

ギターを弾く人

楽しく続けましょう

東京のようにギター教室の選択肢がたくさんあるところでは、各教室の特徴をよく理解して楽しく続けられるようにするのが大事です。また継続的な学びには交通的に通いやすい教室であることも、充分に考慮して探すのが重要なポイントになります。

詳しく見る

音符

音楽について学びたい

音楽の演奏や作曲に関心があり、専門的に学びたいなら武蔵野音楽大学が人気です。人気の理由は、90年近くの歴史と伝統があること、落ち着いたキャンパスで学べること、所定のカリキュラムを修了すれば教員と学芸員の免許が取得できるところです。

詳しく見る

カメラ

設備と講師の質を調べる

映像関係の仕事がしたい時、専門学校を選ぶときにはそれぞれの学校の設備や機材の状況、講師陣などを調べておきましょう。いくつかの学校に絞ったら、オープンキャンパスに参加して実際の設備を見たり講師の話を聞きましょう。

詳しく見る

学校ごとに異なる

カチンコ

2年から4年学ぶ

映像の専門学校の費用は、1年間で100万円を超えます。この費用は専門学校ごとにかなり異なっており、1年間で100万円程度の学校もあれば、120万円程度のところもあります。また映像の学校の場合は学ぶ期間が異なっており、短いところで2年間、長いところでは4年間になっています。期間の長い専門学校では映像についてのより専門的な知識を学ぶようになっています。例えばCGのコースの場合は期間は2年間ですが、クリエーターの専攻になると学ぶ期間は4年間になります。映像の専門学校の評判は高くて、多くの学生の支持を集めています。このような学校では実際に映像の専門家が講師をしていて、働き始めた時に役立つ知識やスキルを教えてくれます。それまでに映像のことを勉強していなかったら、講師が教えてくれる知識は実際に仕事を始めた時に役立ちます。また経験豊富な講師は、生徒が潜在的に持っている能力をうまく引き出してくれるので、生徒は自信を持って仕事をできるようになります。映像のことを学んだら、それを生かして働きたいと思うが自然な気持ちです。この仕事は一定の需要があり、自分のスキルを認められたら就職して働けるようになります。どの学校の生徒の就職には力を入れています。具体的にはこの分野で働いてる卒業生とのパイプを生かしながら、職場を紹介しています。先輩が入った会社で活躍していたら、専門学校生もそこに入りやすくなります。また面接対策などの実際に役立つコースが学科の中に作られています。